池田市市長杯及び議長杯争奪少年軟式野球大会  大会規約

  1  ルールは公認野球規則に準じて行う。

  2  試合球は全日本軟式野球連盟公認ボールJ号を使用(本部で用意します)

  3  試合は7回戦とするが、決勝戦を除き1時間20分を超えた場合は新しいイニングに入らない。(延長は12回まで行う)

     降雨の場合は4回をもって成立する。又、3回以降10点、5回以降7点差をもってコールドゲームとする。

     同店の場合は抽選により勝敗を決定する。(決勝戦は特別ルールを適用する)

  4  登録書に基づき試合を運営しますが、試合開始予定時刻の30分前までにチーム名、監督名、ベンチ入りする選手全員の

    氏名、背番号、守備位置をメンバー表に記入して本部に提出すること。(3部提出)

  5  試合開始予定時間前でも、前の試合が早く終了した場合は時刻を繰り上げて次の試合を開始する。

  6  試合開始予定時間になっても会場に来ないチームは、原則として棄権とみなす。

  7  ボークは1回目から採る。

  8  選手の肘、肩の障害予防として、一人の投手が1日に投球できる数を70球の投球制限を設ける。

  9  次の行為は禁止する①ラフプレー②空タッチ

10  捕手はファールカップ(インナーカップ)の着用を義務化します。

11  コーチャースボックスに於いても、ヘルメットを着用すること。

12  ベンチに、監督、コーチ2名、スコアラーの計4名及び登録選手とし、それ以外の者は立入りを禁止する。

13  監督はユニフォーム着用のこと、コーチもできる限り着用してください。背番号は監督30、コーチは28,29とする。

14  出場選手(応援団も含む)の、プレーヤーは審判員に対する個人攻撃を厳禁する。繰り返し注意を促しても聞き入れない場合は

      退場させる。

15  試合中の事故については、応急処置は行いますが、事故の責任は一切取りません。

16  審判は、塁審も含め連盟で行います。

17  本規約にない事項、問題等が生じた場合は、全日本野球連盟及び大阪府少年軟式野球協会の定めに準拠し対応するものとする。

​特別ルール

継続打順とし、前回の最終打者を一塁とし、二塁、三塁の走者は順次前の打者とする。

無死満塁の状態にして1イニングを行い、得点の多いチームを勝ちとする。

なお勝負が決まらない場合は、さらに継続打順でこれを繰り返すこととする。

※投球制限について

①試合中規定投球数(70球)に達した場合、その打者が打撃を完了するまで投球できる。

②ボークにもかかわらず投球したものは、投球数に数える。

③牽制球や送球とみなされるものは投球数としない。

​④投球数の管理は、大会本部が行う。